開催骨子

首都決戦2013のコンセプト
 
ビブリオバトル首都決戦は日本全国でビブリオバトルを楽しむ大学生・大学院生による
年に一度のお祭り(フェスティバル)です。

本年度は予選から本戦すべてにおいて,
公式ルールおよび首都決戦レギュレーションの遵守を徹底して,
より多くの人が公平に,誰もが楽しめる首都決戦地区予選を目指します!


 
【地区決戦】
地区決戦主催団体が各地区内の予選会について管理.
地区内で最低3回の予選会が行われること⇒地区決戦は3名以上の発表者で開催.
地区決戦は,原則として10月1日~11月10日の間に開催.
地区決戦主催団体が個別に協賛等をとることは自由とする.
ウェブ等を通じ開催情報および報告の発信を行う.
 
【予選会】
*予選会は原則,発表者4名以上参加者(発表者含む)10名以上とし,発表者が多数の場合は複数回の予選会開催を認める.
参加資格は大学生・大学院生とする.また,高専生・専門学校生など大学生相当の学生を含む.
該当地区の地区決戦主催団体が定める期日までに予選会を開催し内容を地区決戦主催団体へ報告する.
ウェブ等を通じ開催情報を発信し,参加希望者はオープンに受け付ける
 (講義内での開催などクローズである必要があるものは,事前にその旨を予選事務局に届け承認を得る).
*予選会の調整は予選事務局(受付),および地区決戦主催団体(連絡,運営委員会への報告)が行う. 
 
2012年度からの変更点
 ビブリオバトル首都決戦レギュレーション(ルール)導入
 これまでの参加者,主催団体からの意見をもとに,参加者の不公平感をなくすために公式ルールよりも細かいレベルでのルール設定を行う.